PGT-A/PGT-SR

PGT-A/PGT-SR

着床前胚染色体異数性検査(PGT-A)/着床前胚染色体構造異常検査(PGT-SR)について

着床前胚染色体異数性検査(PGT-A)は、胚の染色体数を調べる検査です。 着床前胚染色体構造異常検査(PGT-SR)は、胚の染色体の構造(形や配列)を調べる検査です。 体外受精によって得られた胚盤胞から細胞を採取し検査を行います。染色体の数が通常よりも少なかったり多か ったり、また、構造に違いがあると、胚が上手く成長できず着床しなかったり、着床しても流産してしまうこと があります。検査により、染色体の過不足や構造異常があり流産する可能性が高い胚を移植候補から除くことで、 流産のリスクを減らすことを目的としています。

当院の着床前診断のおおよその費用

胚盤胞 1 個 55,000 円(税込)、胚盤胞 2 個目から 33,000 円(税込)ずつ加算されます。

例)
着床前診断を 1 個行った場合の体外受精費用は 253,000 円(税込)
着床前診断を 2 個行った場合の体外受精費用は 308,000 円(税込)
詳細は下部費用をご参照下さい。

PGT-A/PGT-SR により期待できるメリット

  • 移植あたりの妊娠率の向上が期待されます。
  • 流産のリスクが減ることが期待されます。
  • 出産率の向上や、初回妊娠までの期間が短縮されることが期待されます。

PGT-A/PGT-SR のリスクおよび留意点

  • 検査のために細胞を採取することによる胚へのダメージが心配されます。
  • 解析精度に限界があるため誤判定をしてしまう可能性があります。
  • 染色体の数や構造以外の原因による流産は防ぐことができません。

PGT-A/PGT-SR の流れ

PGT-A/PGT-SR はそれぞれ対象となる方が異なりますので、まずは医師にご相談ください。

1ご夫婦で PGT-A/PGT-SR の説明動画を視聴し、当院からお渡しする動画視聴確認シートにご記入ください。 ご夫婦で検査前カウンセリングのご予約をお取りください。
2ご夫婦で検査前カウンセリングにご来院いただきます。 当日に動画視聴確認シートをご提出ください。 同意書をお渡ししますので、次回来院日にご提出ください。
3採卵
4胚盤胞の一部を採取し、胚盤胞を凍結保存します。 採取した細胞を検査センターに送ります。
6凍結胚のご説明と採卵後の診察でご来院いただきます。
7検査センターから解析結果が届き次第、ご連絡いたします。 ご夫婦で検査後カウンセリングのご予約をお取りください。
8ご夫婦で検査後カウンセリングでご来院いただきます。
9移植

動画視聴サイト

費用

採卵・移植

採卵費用55,000円
培養費用精子調整・媒精・受精・分割成功55,000円
胚盤胞培養費用胚盤胞培養33,000円
移植費用(凍結融解処理費用・卵子孵化補助法費用含む)55,000円

特殊技術

顕微授精費用卵子 1〜3個まで無料
卵子 4〜6個まで22,000円
卵子 7〜10個まで55,000円
卵子 11〜15個まで77,000円
卵子 16個以上99,000円
胚盤胞凍結保存費用1個無料
2個22,000円
3個44,000円
4個66,000円
5個88,000円
6個以上110,000円

着床前診断

胚盤胞1個目55,000円
2個目から施行した個数毎に加算33,000円